[出典] REVIEW "Advances in application of CRISPR-Cas13a system" Zhang Y, Li S [..] Zhang L. Front Cell Infect Microbiol. 2024-02-19. https://doi.org/10.3389/fcimb.2024.1291557 [所属]  Qingdao U, Qingdao Women and Children’s Hospital, Shanxi Medical U, Taian City Central Hospital; 13ページ

 CRISPR-Casシステムの中で、スクリーンショット 2024-03-20 7.15.36RNAを標的とするCRISPR-Cas13aの構成や作用機序から始めて、病原体検出 (CRISPR Dx)と抗感染への応用、農業への利用、ヒト遺伝子治療への応用、について紹介する [Figure 4を右図に引用]。

[構成]
1 はじめに
2 CRISPR-Cas13aの概要
 2.1 CRISPR-Cas13aの構成
 2.2 CRISPR-Cas13aのメカニズム
3 CRISPR-Cas13aの応用
 3.1 病原体の検出
  3.1.1 細菌の検出
  3.1.2 ウイルス検出
  3.1.3 がん細胞の検出
 3.2 抗感染機能
  3.2.1 抗菌剤
  3.2.2 抗ウイルス剤
 3.3 ファージのゲノム編集
 3.4 農業
  3.4.1 植物
  3.4.2 酵母
 3.5 ヒト遺伝子治療
  3.5.1 筋ジストロフィー
  3.5.2 HIV
 3.6 癌の遺伝子治療
  3.6.1 神経膠腫
  3.6.2 膵臓癌
  3.6.3 子宮頸癌
  3.6.4 膀胱癌
4 まとめと展望