[出典] REVIEW "CRISPR activation screens: navigating technologies and applications" Clark T [..] Neely GG. Trends Biotechnol. 2024-03-15. https://doi.org/10.1016/j.tibtech.2024.02.007 [所属] U Sydney;115件の参考文献を含む18頁

 CRISPR KO, CRISPRiとともに、CRISPRaも、分子生物学のツールキットとして不可欠になっている。
  • CRISPRa技術は、遺伝子発現のプールあるいは標的遺伝子のアップレギュレーションを可能にし、アップレギュレーションされると、細胞生理学および/または疾患進行を改変する遺伝子を同定するに有用である。
  • 様々なCRISPR活性化戦略が報告されており、単一活性化ドメインやコンビナトリアル・活性化ドメインが遺伝子活性化効率を高めてきている。また、特定の遺伝子や細胞タイプに適した活性化ドメインを用意することも可能である。
  • CRISPRaプール・スクリーニングは、創薬における多様な応用を可能にし、細胞応答や細胞分化に関する新たな知見を提供し、さらには感染時のSARS-CoV-2メカニズムの理解さえももたらしている。
  • CRISPRaはまた、様々な疾患や病態に対するin vivoでの応用にも可能性を示している。
[構成]
CRISPR-based gene regulation
CRISPRa machinery overview and comparison of efficiency
Consideration for gene activation experiments
 Figure 1, Utilizaing Cas protein (Cas9) for gene editing and gene activation.
Single activation effector domains
 Box 1. Development of CRIPSR and CRISPRa 
 Figure 1. CRISPRa machinery
Combinatorial activation effector domains
Activation domains for specific cell types
Demethylation and TET
Inducible CRISPRa system
 Box 2. Non-Cas9 CRISPR activation systems
Machinery delivery, in vivo CRISPRa, and guide design
Delivering activation machinery
Application of CRISPRa in vivo
Considerations
Approaches
Guide design
CRISPR activation screens
 Table 1. Abridged summary of CRISPRa screens
Screening set-up
 Box 3. Analysis of CRISPR screens
 Figure 1. Analysis of CRISPRa screens.
CRISPRa screening applications
 Box 4. COVID-19 case study
Concluding remarks

[注] 2024-03-30時点で, Webで公開されているPDF版で表示されている図が、HTML版では表示されていない。また、図の番号がセクションごとに1から始められている。