[出典] "Genetic Knock-Ins of Endogenous Fluorescent Tags in RAW 264.7 Murine Macrophages Using CRISPR/Cas9 Genome Editing" Naigles B, Soroczynski J, Hao N. Bio-Protocol. 2024-03-20. https://doi.org/10.21769/BioProtoc.4960 [所属] UCSD, Rockefeller U. 
 
 これまで、マクロファージにおける内因性蛍光標識のプロトコールはほとんど報告されてこなかった。米国の研究チームが、DNAをドナーテンプレートとなる環状プラスミドおよびsgRNAとCas9のオールインワン発現プラスミドをNeonエレクトロポレーションを介してトランスフェクションすることで、RAW 264.7マウスマクロファージ細胞において少なくとも6つの遺伝子座の蛍光標識を実現した。

 このプロトコールでは、遺伝子の内因性遺伝子座にタグを持つマクロファージのクローン集団をかなり簡単に作製することができる。また、24ウェルプレートでイメージング実験をセットアップし、編集した細胞の蛍光を経時的に追跡する方法についても述べる。また、コノプロトコルは、非蛍光分子のノックイン実験にも適応可能と考えられる。