[注] 進行腎淡明細胞癌 (切除不可能な腎淡明細胞癌)/ Advanced Clear Cell Renal Cell Carcinoma (Advanced ccRCC)
[出典] "CD70-Targeted Allogeneic CAR T-Cell Therapy for Advanced Clear Cell Renal Cell Carcinoma" PaI SK, Tran B, Haanen JBAG et al. [所属は文末に] Cancer Discov. 2024-04-05. https://doi.org/10.1158/2159-8290.CD-24-0102 
[臨床試験] NCT04438083 A Safety and Efficacy Study Evaluating CTX130 in Subjects With Relapsed or Refractory Renal Cell Carcinoma (COBALT-RCC)

 CRISPR Therapeuticsを含むCity of Hope Comprehensive Cancer Center (California) のSumanta K Palが率いる国際研究チームが今回、CRISPR TherapeuticのCAR-T細胞療法の一つであるCD70標的CTX130の前臨床試験について報告した。CTX130はCRISPR-Cas9ゲノム編集技術によって作出されている。

 他家CD70標的CAR T細胞製剤であるCTX130は、固形癌の一種である進行性または難治性のccRCCの治療薬として開発された。
  • 前臨床試験において、CTX130は良好な増殖および細胞毒性プロファイルを示し、RCC異種移植片腫瘍を完全に退縮させた。
  • ヒトを対象とする初の第1相試験では、再発または難治性のccRCC患者16人を対象とする第I相試験では、用量制限毒性は見られず、81.3%の患者で病勢のコントロールが達成された。また、1人の患者は3年後も持続的完全奏効を維持している。
 研究チームはさらに、CTX130に、Regnase-1とトランスフォーミング成長因子β受容体2 (TGFβR2) のノックアウトを組み込んだ改良型, CTX131, が、前臨床モデルにおいてCTX130よりも高性能であり、したがって、ccRCC患者に対するより進んだ治療選択肢としての可能性があることも示した。
[参考] NCT05795595 A Safety and Efficacy Study Evaluating CTX131 in Adult Subjects With Relapsed or Refractory Solid Tumors

 本報告は、CD70を標的とした他家CAR T細胞によるccRCCおよび他のCD70+悪性腫瘍の治療の可能性を示した。

[関連crisp_bio記事]
[著者所属]
City of Hope Comprehensive Cancer Center, Peter MacCallum Cancer Centre, Netherlands Cancer Institute, Leiden University Medical Center, Centre Hospitalier U Vaudois (Lausanne), Yale School of Medicine, Princess Margaret Cancer Centre (Toronto), U Toronto, U Texas MD Anderson Cancer Center, Huntsman Cancer Institute (U Utah), Huntsman Cancer Institute (U Utah), CRISPR Therapeutics,