[出典] REVIEW "Gaining momentum: stem cell therapies for HIV cure" Buck AM, LaFranchi BH, Henrich TJ. Curr Opin HIV AIDS. 2024-04-26. https://doi.org/10.1097/COH.0000000000000859 [所属] UCSF

 CCR5 Δ32/Δ32ドナー細胞を含む同種幹細胞移植 (stem cell transplants: SCT) を受けた人において、持続的なHIV-1寛解が報告されているが、本レビューは、ZFNやCRISPR-Cas9を用いてHIV-1コレセプターをコードする遺伝子を標的とし、成体細胞や前駆細胞のプールをデノボ感染に抵抗性にするアプローチをとることで、SCTを必要とせず、抗レトロウイルス療法 (ART) にも依存しない持続的な長期寛解をもたらす幹細胞療法に焦点をあてている。