[出典] 
 米英韓の大学・研究機関と兼任を含むGoogleの研究者らは、1.4ペタバイトを超える電顕画像データから、脳全体の~100万分の1に相当する~ 1 mm3 のサンプルをナノスケールで再構成し、脳について、これまで知られていなかった側面を明らかにした。

 この3次元マップでは、約57,000個の細胞、約230ミリメートルの血管、約1億5,000万個のシナプスが含まれ、脳全体の100万分の1に相当するサイズのサンプルのほぼすべての細胞とプロセスが再構築されており、また、この膨大なデータセットを視覚化し分析するための自由に利用できるツールも開発されている。

 この3次元マップを利用して、研究チームは、ニューロンよりもグリアの数が不釣り合いであることや、最大50個のシナプスを含む、まれではあるが強力な軸索入力の存在など、ヒトの側頭皮質について、これまであまり認識されていなかった側面を発見した。

[サンプル調整と3次元マップ再構成およびアノテーション]

 てんかん治療のために手術を受けた45歳の女性から採取された大脳皮質から採取され、ハーバード大学の神経科学者Jeff Lichtmanらによって、電顕用サンプルとして、厚さ34 nmのスライス約5000枚へと調製された。その上で、AIモデルを介して、3次元マップを再構築するに至った。

 興味深い構造が見えてきたが、この複雑で巨大な3次元マップのアノテーションは、これからの課題であり、研究チームは、これまでの研究に参画していなかった研究者による再構成の過程のエラーの校正を含む構造アノテーションを歓迎している。また、研究チームは、多様な脳サンプルの3次元マップ構築を予定している。