crisp_bio

crisp_bioはCRISPRのオーラを浴びる中で思いついたブログ名でしたが,2021年からは専ら,CRISPR技術の開発と応用ならびにSRAS-CoV-2/COVID-19に関する投稿になってしまいました.データベース,生物資源センター,マイクロバイオーム,タンパク質デザインを取り上げたいと思いつつ.

カテゴリ: CRISPR

バクテリア/アーケア vs プラスミ/ファージ進化の過程で、バクテリアのほぼ半数やアーケアの殆どが、トランスポゾン、バクテリオファージ、プラスミドなどの侵入DNAに抗する手段の一つとして獲得免疫機構”CRISPR-Cas”システムを備えてきた。一方で、ファージがCRISPR-Casシ ... もっと読む

[出典] 夏目豊彰 et al. "Rapid protein depletion in human cells by auxin-inducible degron tagging with short homology donors." Cell Rep. 2016-03-24.  Corresponding author: 鐘巻将人 (国立遺伝学研究所); [プレスリリース] 遺伝研・JST. “取り除けば働きがわか ... もっと読む

CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp#CRISPR AsCpf1のPAM/TTTV拡張:構造情報を利用した変異導入からTATV/TYCVを認識する変異体S542R/K548V/N552R(RVR):S542R/K607R(RR)同定Nat Biotech 0605… https://t.co/k4lPitTIFs2017/06/06 15:51:27出典"Engineered Cpf1 variants with altered ... もっと読む

単純にPubMedでautophagyとCRISPRにヒットした論文数をグラフにし、マイルストーンとされる論文いくつかと照合してみた:Autophagy論文1950s〜1960s1950年代から透過型電子顕微鏡で観察れたいた現象を1960年代にautophagyと命名したのは Christian de Duve ... もっと読む

[注] 本記事は原著論文をCC BY 4.0に準拠して編集したものです·         論文 Ha Youn Shin, Chaochen Wang, Hye Kyung Lee, Kyung Hyun Yoo, Xianke Zeng, Tyler Kuhns, Chul Min Yang, Teresa Mohr, Chengyu Liu & Lothar Hennighausen.“CRISPR/Cas9 t ... もっと読む

↑このページのトップヘ