crisp_bio

ブログ名のcrisp_bioは,crispとCRISPRに由来し,CRISPR関連,時折,データベース,マイクロバイオーム,タンパク質,リキッドバイオプシー関連の,主として研究論文の紹介,を続けている.2020年3月からは新型コロナウイルス関連投稿が加わり,まだ収束していない.ブログアイコンはウェルカムトラスト・ゲノムキャンパス内のモニュメントの一つ.菅原秀明 [理研からDDBJ/遺伝研を経てフリー]

タグ:エピゲノム

1.       CRISPR-dCas9により選択的かつ可逆的クロマチンループ形成を実現[出典]Morgan SL 〜 Wang KC (Stanford U). “Manipulation of nuclear architecture through CRISPR-mediated chromosomal looping” Nat Commun. 8, Article number: 15993. Publis ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/24) [目的] エピゲノム修飾因子/タンパク質が発がん性に関与する機構研究の基盤(dbEM: database of Epigenetic Modifiers)[概要] 腫瘍サンプル、がん細胞株および健常サンプル由来の167種類の修飾 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/21)[短報] Casilio法:dCas9に基づくゲノム・エピゲノム編集と染色体標識:Albert W. Cheng; Haoyi Wang (JAX)CRISPRi/aをはじめとして、染色体の標的部位に結合するが切断しないdCas9-sgRNAユニットを利用 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/20)[論文] ヒストンH3.5は、ヒト精巣において不安定なヌクレオソームを形成し、転写開始点周辺に蓄積する:胡桃坂仁志(早稲田大学)H3バリアントの一種でありH3.3から進化したみられるH3.5は、精巣で高発現する ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/27)[論文] 新たな老化脊椎動物モデルturquoise killifishの効率的ゲノム編集Corresponding authors: Itamar Harel; Anne Brunet (Stanford U.)African turquoise killifish (Nothobranchius furzer )は飼育状態での ... もっと読む

↑このページのトップヘ