crisp_bio

crisp_bioはCRISPRのオーラを浴びる中で思いついたブログ名でしたが,2021年からは専ら,CRISPR技術の開発と応用ならびにSRAS-CoV-2/COVID-19に関する投稿になってしまいました.データベース,生物資源センター,マイクロバイオーム,タンパク質デザインを取り上げたいと思いつつ.

タグ:クライオ電顕

2021-10-05 共同責任著者の一人であるUCSFのDavid Juliuは,2021年ノーベル生理学・医学賞をピエゾチャネルの研究で知られるスクリプス研究所のArdem Patapoutianと共同受賞した.(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/07/11)Corresponding authors: David Juliu ... もっと読む

2021-10-05 Nature 論文の共同責任著者の一人であるスクリプス研究所のArdem Patapoutianは,2021年ノーベル生理学・医学賞をカプサイシン受容体研究で知られるUCSFのDavid Juliusと共同受賞した.2018-01-02 初稿2017年12月にeLifeとNatureに相次いでマウスPiezo1チャネル ... もっと読む

[出典] "DNA interference states of the hypercompact CRISPR–CasΦ effector" Pausch P, Soczek KM [..] Doudna JA. Nat Struct Mol Biol. 2021-08-11. https://doi.org/10.1038/s41594-021-00632-3 Doudnaグループは今回,先行研究でメタゲノムデータから発見し [*1]そ ... もっと読む

U British ColumbiaとU Pittsburgh Medical Schoolの研究グループからの構造解析論文[出典] "Cryo-electron microscopy structures of the N501Y SARS-CoV-2 spike protein in complex with ACE2 and 2 potent neutralizing antibodies" Zhu X, Mannar D, Srivastava SS, Ber ... もっと読む

[出典] "Structure of a type IV CRISPR-Cas ribonucleoprotein complex" Zhou Y, Bravo JPK, Taylor HN, Steens JA, Jackson RN, Staals RHJ, Taylor DW. iScience 2021-02-12 (Journal Pre-proof). https://doi.org/10.1016/j.isci.2021.102201 University of Texas at Au ... もっと読む

↑このページのトップヘ