crisp_bio

RIKEN (NISLO, WDCM ...) - NIG (DDBJ/CIB, WDCM, OECD BRC, GBIF, JST BIRD, TPRP ...) - FREE

タグ:トランスポゾン

Helmholtz Centre for Infection Research (HZI)からのプレビュー[出典] PREVIEW "CRISPR transposons on the move" Mougiakos I, Beisel CL. Cell Host Microbe. 2021-05-12. https://doi.org/10.1016/j.chom.2021.04.012CRISPR-Casシステムは,CRISPRアレイに蓄積されたス ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

[出典] "Dual modes of CRISPR-associated transposon homing" Saito M, Ladha A, Strecker J [..] Macrae RK, Zhang F. Cell. 2021-03-25. https://doi.org/10.1016/j.cell.2021.03.006[注] 責任著者Feng Zhangの本論文ツイートを文末に引用  Feng Zhangらは先行研究にお ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

[出典] FORUM "Transposon-Associated CRISPR-Cas System: A Powerful DNA Insertion Tool" Ma W, Xu Y-S, Sun X-M, Huang H. Trends in Microbiology 2021-02-18. https://doi.org/10.1016/j.tim.2021.01.017 南京師範大学の研究グループの投稿。[関連crisp_bio記事] 2020- ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

[出典] "Tn7-CRISPR-Cas12K elements manage pathway choice using truncated repeat-spacer units to target tRNA attachment sites" Hsieh S-C, Peters JE. bioRxiv. 2021-02-06 [プレプリント] https://doi.org/10.1101/2021.02.06.429022 Cornell UniversityのJ. E. Pet ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

[注] CAST (CRISPR-associated transposase) CRISPR/Casシステムは専ら、バクテリアとアーケアが、トランスポゾン、プラスミド、ファージ因子といった可動遺伝因子 (MGE) に対する獲得免疫機構として認識され、真核生物ゲノム編集への展開を経て2020年ノーベル化学賞 (crisp ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ