crisp_bio

ブログ名のcrisp_bioは,crispとCRISPRに由来し,CRISPR関連,時折,データベース,マイクロバイオーム,タンパク質,リキッドバイオプシー関連の,主として研究論文の紹介,を続けている.2020年3月からは新型コロナウイルス関連投稿が加わり,まだ収束していない.ブログアイコンはウェルカムトラスト・ゲノムキャンパス内のモニュメントの一つ.菅原秀明 [理研からDDBJ/遺伝研を経てフリー]

タグ:構造解析

[出典] "Structure of AcrVIA2 and its binding mechanism to CRISPR-Cas13a" Song G, Li X [..] Xie X, Yan X. Biochem Biophys Res Commun 2022-04-23. https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2022.04.091[著者所属] 天津医科大学 最近,非ファージ由来のAcrVIA2 [*]が,Cas13a ... もっと読む

[注] HNHドメインはDNA二重鎖の標的鎖を切断を担う.[出典] "Structural Basis for Reduced Dynamics of Three Engineered HNH Endonuclease Lys-to-Ala Mutants for the CRISPR/Cas9 Enzyme" Wang J [..] Lisi GP, Palermo G, Batista VS. Biochemistry. 2022-04-14. https: ... もっと読む

2022-04-24 中国科学院生物物理研究所の研究チームがCRISPR Journal 誌に発表したハイライト記事の書誌情報とリンクを加え [*],本ブログ記事におけるNature 論文紹介の後半部分を大幅に改訂し,また,タイトルも「ミスマッチが存在する場合のCas9活性化の仕組み」から「Sp ... もっと読む

2022-04-04 Communication Biology 誌刊行論文の書誌情報と構造情報 (EMDBとPDBのIDs)およびモデル図を追加2021-02-03 bioRxiv 投稿に準拠した初稿[出典] "Structural and biochemical characterization of in vivo assembled Lactococcus lactis CRISPR-Csm complex" Sri ... もっと読む

2022-03-13 Science 誌採択論文と論文紹介展望記事の書誌情報を追記し,OpenCell Webサイトのスクリーンキャプチャを更新,テキストも一部改訂した.また,本記事タイトルを「OpenCell: プロテオーム・スケールの細胞内タギングを介して,ヒト細胞の物理的・機能的構成図を描 ... もっと読む

↑このページのトップヘ