crisp_bio

ブログ名のcrisp_bioは,crispとCRISPRに由来し,CRISPR関連,時折,データベース,マイクロバイオーム,タンパク質,リキッドバイオプシー関連の,主として研究論文の紹介,を続けている.2020年3月からは新型コロナウイルス関連投稿が加わり,まだ収束していない.ブログアイコンはウェルカムトラスト・ゲノムキャンパス内のモニュメントの一つ.菅原秀明 [理研からDDBJ/遺伝研を経てフリー]

タグ:精密医療

[出典] "Precise editing of FGFR3-TACC3 fusion genes with CRISPR-Cas13a provides a personalized therapeutic strategy for the treatment of human glioblastoma" Wu Y, Jin W [..] Wang J, Kang C. Mol Ther. 2021-07-15. https://doi.org/10.1016/j.ymthe.2021.07.002 ... もっと読む

[出典] Microscaled proteogenomic methods for precision oncology. Satpathy S [..] Carr SA, Ellis MJ. Nat Commun 2020-01-27. (bioRxiv. 2019-10-09) 癌のプロテオゲノミクス[*]は、癌のゲノミクスならびにトランスクリプトミクスのデータにプロテオミクスのデータを加 ... もっと読む

DiscovEHRは、Regeneron Genetics Center (RGC)とGeisinger Health System (GHS)の共同プロジェクトであり、精密医療の基盤構築を目指して、GHSのMyCode® Community Health Initiativeの参加者から合意を得たコホートを対象とするハイスループット・エクソーム・シーケンシ ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/10/16)Corresponding authors: Alice B. Popejoy; Stephanie M. Fullerton (U. Washington, Seattle)人類集団の遺伝的背景は多様であり、薬剤は、集団によってその効能が低下したり、さらには、健康被害を生じる可能性を ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/20)Corresponding author: Trey Ideker (UCSD)殆どの癌には2種類の遺伝子変異が存在する。細胞成長を亢進するか、または、細胞死を回避する変異である。前者に対しては阻害療法が数多く開発されてきたが、腫瘍細胞に細 ... もっと読む

↑このページのトップヘ